屋根の素材を見直そう

屋根の素材に重いものを使っていると、災害が起こった問時に落下して危険です。
軽量化することで、落下しにくくなるので災害対策に繋がります。
事前に、自宅の屋根には何が使われているのか確認しましょう。
もし重い素材を使っているなら、早くリフォームした方が良いです。
地震が起こって、屋根が崩れたら自分や家族の命が危険にさらされてしまいます。
軽量金属の瓦なら、災害が起こっても簡単に崩れることはないので命を守れます。

耐震効果を持っている、壁や柱を増やすことのおすすめの災害対策です。
住宅を支えている壁が少ないと、大きな災害が起こった時の衝撃に耐えられません。
ですが無機質な壁や柱を増やすと、室内のイメージが崩れることに不安に感じている人が見られます。
最近はオシャレなデザインの、壁や柱を増やすことができます。
それなら室内の雰囲気が悪くなることもないので、すぐに自宅を強化するリフォームをしてください。

床下に湿気がこもっていると、そこからどんどん腐食してしまいます。
湿気対策も、災害予防に繋がるので済ませておきましょう。
床下は、普段目に見えないので気づきにくい部分です。
しかし建築されから何年も経過している住宅の床下は、腐食が進んでいる可能性があります。
床下には、シロアリが住んでいるかもしれません。
すると柱や壁を食べてしまうので、強度が一気に低下します。
シロアリ対策も同時に済ませて、住宅の強度をずっと維持してください。

地震は急に訪れるもの

みなさんの住宅の屋根には、何が使われていますか。 屋根の素材は、たくさんあります。 重い素材を使っていると、災害が起こった時に落下して二次災害を引き起こす可能性があります。 軽い素材に変えれば、危険性が少なくなります。 屋根の素材を変えるリフォームを、済ませてください。

たくさんの壁がある住宅

壁が少ない住宅は、地震などの災害が起こった時に崩れやすいと言われています。 強度を高めるためには、壁や柱を増やしてください。 業者に相談すれば、どこに新しい壁を作れば良いのか考えてくれます。 オシャレな柱を作ることもできるので、何でも業者に相談しましょう。

見えない部分だからこそ注意

自宅が老朽化していると、災害が起こった時に壊れやすくなります。 壁や屋根は、自分の目で確認できます。 しかし床下は普段見えない部分なので、注意を怠る人が多いです。 気づいた時は、腐食が進んでいるかもしれません。 床下の強度を高めて、災害対策を済ませておきましょう。